江東中医薬学院

将来 漢方コンサルタントになりたい方々の学院です

中薬学講座 [番外編]節分 豆まき そして桃仁

 2月3日は節分ですね。恵方巻きの大量廃棄が問題になっていますが、少なくとも東京では恵方巻きなど昔は聞いたことはありませんでした。ハロウィンと同じく伝統文化というよりも商業的なイベントのような感じがしてあまり好きではありません。逆に昔は聞かれた子どもたちの「鬼は外、福は内」の声が聞かれなくなったのが寂しいです。

子供が少なくなったのか、近所迷惑だとクレームが来るようになったのかわかりませんが。

 鬼といえば日本では虎皮のパンツに角が決まっていますがこのスタイルは海外にはありません。方位では鬼門というのがありますがこれは東北、丑寅(うしとら)の方角です。たぶんここから牛の角、虎のパンツになったのではないでしょうか。

 そして鬼を退治するのは桃太郎です。五行学説では五果は「棗・桃・李(すもも)・杏・栗」ですが桃は「金」で五方は「西」。中国の西の女神「西王母」が手に持っているのはやはり「桃」です。五行の相剋の関係にあるのが金剋木。木の五方は東でちょうど鬼門、鬼ヶ島のあたり。桃太郎の話は杏太郎や栗太郎ではダメなのは五行から理解できます。ちなみに五行学説から言えば鬼退治は秋に行ったことになります。

 中国では桃には不思議な力があり鬼(妖怪)を追い払う力があるとされていました。毎年春節に玄関に貼る御札も桃の木の板が用いられていて鬼が入れないようにしていました。北宋の時代、王安石の詩「元日」には「総把新桃換古符(古い札を新しいものに換える)」と元日の習慣を読んでいます。新桃とは桃の木から作った新しい札のことです。

 桃は鬼退治に使われていましたが臨月になっても出てこない赤ちゃんの治療に祈祷師たちは桃の枝を使っていました。そして果たして出てきたのは人の子ではなくて形のない腫瘍(鬼の子)でした。

 現在、中薬学では桃仁(桃の種)を使いますが、桃仁は活血薬であり作用は強く、婦人科で筋腫や内膜症に用いられている。例 桃紅四物湯《医宗金鑑》

#中薬学講座 #桃仁 

 

中薬学講座「帰経」

薬物と人体部位(臓腑・経絡)との選択性を帰経という。

同じ「寒・苦」で清泄の作用があっても石膏は帰経が肺なので肺熱による咳嗽に用いるし、決明子は肝なので肝熱による目赤腫痛に用いる。また単に臓腑と理解するのではなく経絡も忘れてはいけない。柴胡は肝であるが胸脇苦満のような肝経の気滞にも用いる。

各論では、薬物と主治との関係を理解する上でポイントになる。例えば解表薬、止咳平喘薬、去痰薬の主要な帰経は「肺」、安神薬、開竅薬の主要な帰経は「心」、瀉下薬、化湿薬、消食薬の主要な帰経は「脾胃、大腸」、明目薬、潜陽薬、止痙薬の主要な帰経は「肝」、涼血薬、活血薬、止血薬、補血薬の主要な帰経は「肝、心」、補気薬、清気分熱薬の主要な帰経は「肺、胃」など、関連つけて理解するとよい。

#中薬学 #現代中薬学解説

中薬学講座「五味」

 中薬学では薬物の味を2つの意味で決めている。一つは実際の味、もう一つは実際の味とは関係なく効能から決める味である。

 辛・甘・酸・苦・鹹にはそれぞれの効能がある。

(1)辛味

 ①発散:表証で用いる 例 麻黄、薄荷

 ②行気:気滞証で用いる 例 木香

 ③行血:血瘀証で用いる 例 紅花

[不良作用]過量に用いると気や陰が消耗してしまう。

(2)甘味

 ①補益:各種虚証に用いる 例 人参 熟地黄

 ②緩急止痛:四肢、腹部痙攣疼痛に用いる 例 芍薬

 ③調和薬性:他の薬物の毒性を減弱させる 例 甘草 蜂蜜

[不良作用]粘性があり湿阻、食積、中満気滞のある者には慎重投与。

(3)酸味

 ①収斂固渋:虚証の汗、泄瀉に用いる 例 山茱萸 五味子

[不良作用]邪気未尽の場合には慎重投与

(4)苦味

 ①3つの「泄」

  通泄=熱結便秘 例 大黄

  降泄=肺気上逆による咳嗽 例 苦杏仁

  清泄=熱盛による心煩など 例 山梔子

 ②燥

  湿証に用いるが寒湿、湿熱があるので熱性、寒性を考慮する。 

  例 熱性の苦味薬物 蒼朮

  例 寒性の苦味薬物 黄連

 ③堅陰

  燥性があるのに陰を消耗しない堅陰というのは矛盾するが③作用は「内経」に記載

  されている。陰虚火旺証で用いる黄柏、知母など退虚熱作用のある薬物に限定され

  ている。

[不良作用]傷陰、敗胃のおそれがあるので津傷、胃腸虚弱者には大量使用しない。

(5)鹹(カン)

 ①散結:瘰癧、痰核、痞塊に用いる 例 海藻 昆布

 ②瀉下潤腸通便:燥結便秘に用いる 例 芒硝

[不良作用]多食しない。芒硝は脾胃を傷つけるので脾虚証には慎重投与。

五味であるが実際には以下の二味が加わり七味になる。

(6)淡味

 ①滲湿利水:水腫に用いる 例 猪苓 茯苓

[不良作用]津液を消耗するので陰虚証には慎重投与。

(7)渋味

 収斂固渋=酸味 例 蓮子

[不良作用]=酸味と同じ

 

[確認]

薬物は2つ以上の味を持つものが多い。

例えば清熱瀉火薬の生地黄は苦味(清泄)+甘味(補益)である。気分熱証では熱により津液が消耗するので清熱+生津作用を持つ地黄はその作用により甘味が加わっている。しかし清熱解毒薬の板藍根は同じく苦味+甘味であるがこの甘味は実際の甘味であり苦味による敗胃の副作用を軽減させることができる。

薬物を理解する場合、それぞれの薬味を丸暗記するのではなく逆に効能から薬味を理解するのがよい。

五行学説の五味と混同しない。

五行学説では苦味は心になる。しかし黄柏の清熱作用は腎であり心熱には作用しない。

#中薬学講義 #現代中薬学解説

 

 

 

 

 

 

 

中薬学講座 「四気(四性)」

 中薬には寒・涼・温・熱の4つの作用がある。作用と言ったのは人体を冷やすあるいは温める働きを持って疾病を治療するからである。お腹が冷えて痛いときには温める作用のある薬物を、発熱があるときには冷やす作用のある薬物を用いる。逆に考えれば冷えて痛むときに冷やす作用のある物、発熱があるときに温める作用のある物を使えば症状は当然悪化する。これは漢方薬を選択する場合の重要な点である。

 神農本草経(漢代末/中国最古の薬物書)には四「気」と記載されているが、その後

これは薬物の持つ作用(性質)であることから四「性」とも呼ばれるようになった。

 四性は当然医療実践の中で決定されていくものだが長い歴史の中で変更されていく薬物もある。例えば薄荷は温性であったが今は涼性に分類されている。荊芥は医師によって認識が異なっていた。神農本草経では微温性であるが李時珍は「疏風熱、清頭目、利咽喉、消瘡腫」に用いつまり涼性という認識であった。現代中薬学では微温に分類されている。

 寒・涼・温・熱は程度の差であり寒は涼より冷やす力が強い。同じ温でも温煦、温熱があり同じ性でも程度は異なる。各論では注意すべきである。

#中薬学講座 #江東中医薬学院 

www.kaotcm.com

江東中医薬学院 これからの講義日程です。

第三日曜日は「基礎・診断学」コース

第四日曜日は「中薬・方剤学」コースになります。詳しい日時はホームページを見てください。

講義は少人数でゼミ形式を考えています。

#漢方講座 #中医学講座

 

社団法人日本漢方連盟に協賛していただくことになりました。

www.nikkanren.net

2019年より本学院では医療系資格をお持ちの方対象に①基礎診断学コース、②中薬方剤学コースを開講いたします。また一般の方々を対象にした「こころと漢方」セミナーも企画しています。

これら講義、セミナーについては(社)日本漢方連盟が協賛していただけることになりました。

#中医学講座 #漢方講座 #日本漢方連盟